メルマガ申込

災害は必然的に起こると考えないといけないわけ

今年も、豪雨災害が全国至る所で起こっています。

地球温暖化による、気候変動が原因だ、
とも言われていますが、

この程度の気候変動は
地球の長い歴史の中では
何万回も起こっていたのではないか、
とも言われていたりします。

今のような北極南極の気候状態は、
ごく最近できあがったとも言われています。

以前、地球がもっと暖かかった頃
そのころは植物の生育域は
今よりももっと北の方へ広がっていたようです。

だから、ロシアに石炭や天然ガスがたくさんあるわけです。

その後、地球が冷却され、
寒冷期になって、今の北極南極の状態になったわけです。

その気候変動の中で、
日本の国土でも、豪雨は今よりも
もっと激しく大地を削っていきました。

その結果できたのが、平野です。
豪雨によって、削られた山の土が
下流へ運ばれて溜まっていったわけです。

地球の歴史の観点から見ると、
豪雨も地震もずっと続いてきたことです。

人間は、100年、200年くらいの歴史で
気候変動を見ているので、
すごいことが起こっていると思います。

そのずれを理解すれば、
豪雨も起こらないと思う方が
間違った考え方だということが
わかりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました