母がよく言っていたこと

母から、どんなことを言われたか、というと、
「はじめから、ないもんやと思いなさい」

給与収入というのは、限られています。

そして、そこからいろんなお金が引かれていくわけです。

ところが、母親は、こういうんですね。
なくなったんじゃなくて、
最初からないものだと思っておくのがいいと。

母親は、父親の稼ぎだけではきついので、
パートに出たり、40過ぎてから正社員になって勤めました。

しかし、その稼ぎはほとんど子供の教育費で
消えてしまいます。

そんな時、この言葉をよく使っていました。

また、光熱費、ローン、保険、年金の掛け金など、
絶対必要なお金ってありますね。

それらがいくらで、給与から引かれた、
というのは事実なんですが、

現実には、今あるお金は
差し引かれた後のお金です。

もともと、そのお金しか
なかったと思えば、やりくりがしんどくない。

戦後の苦労を乗り越えた親ですから、
きっと、切り詰めた生活を続けてきたはずです。

そんな母親が、生活していく上で
いつも心のなかで、自分を励ましてきたんでしょう。

子供の教育資金として、天引きの財形貯蓄は
助かりました。

でも、もともと、給料の一部だったはずなのに、
財形貯蓄は天引きされるので、
はじめからないものだったわけです。

そして、何年かたって、子供の教育資金として
必要な時に、出してきたら、
本当、もう買った気になりました。

もうそれこそ、感じ方の問題かもしれませんが、
そう言ったことの積み上げで、
暮らしの豊かさも少しは改善されるかなと思います。  

コメント

タイトルとURLをコピーしました