メルマガ申込

時給の束縛から離れた自由な収入を得る

最低賃金とはちょっと離れた世界

その気になれば、ぐんと飛躍可能!

ニュースで最低賃金が全国平均で902円だと報じていました。
 
そんなもんだと、一般には当然のごとく受け入れられているのが、時給ですね。
 
でも、このパソコン転売のビジネスは、時給とは全く違う感覚のお仕事なんですね。
 
何時間働いたから、どれだけ儲かった、とかいうものではなく、あくまでも商売と趣味が混在するような感じです。
 
例えば、パソコンが月に10台売れて、利益が5万円だとすると、先ほどの最低賃金ベースでの時給に換算すれば、56時間分。週あたりにすれば、14時間くらい。もし、週4日だけ働きに出ていたとしたら一日
3時間ほどの労働になります。
 
そんなに働いていません。
 
確かに、セットアップの作業やら、ヤフオクでのオークションやら、毎日の出品作業やら時間は使ってますけど、労働というよりは、「仕込み」とか「準備」といった感じの時間の使い方なんですね。
 
要するに、働いた感じがしないのに、儲かるという、ありがたいビジネスです。

商売は、全体としていくの世界

1時間いくらの価値では測れない

実は、商売というのは、契約社員や派遣社員、パート労働者とはお金を手に入れる感じが違います。
 
例えば、パソコンを仕入れるのに、何万円使います。売れたら何万です。しかし、時差があって、全部まとめたら、いくら使って、いくら入ってきて、収入はいくらです、という形。
 
今ここでこれだけ働いたから、いくら収入があります、という感覚とは全く違うということです。
 
それと、ビジネスを拡大させて、例えば在庫を2倍にすれば、収入は2倍以上に増えます。そして、続けているうちに経験値が上がって、さらに収入を加速させていくわけです。
 
もう一つ面白いのは、このパソコン転売は一人でやっているのでなく、マニュアルがあって、いろんなサポートを受けることができるので、困った時は一人で悩む必要はないのです。
 
やり方も自己流でやって、うまくいかない、損失が出た、という負のスパイラルに陥らないように、様々な状況に対応できるノウハウがあるんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました