栄養ドリンク、飲み過ぎで依存症も、肝臓にも悪い、副作用の危険とは

飲み過ぎで依存症!?肝臓にも悪い!?

副作用の危険!?

仕事で疲れた時や眠たいときなどに飲む栄養ドリンクにはさまざまな成分が含まれています。その成分が含まれている栄養ドリンクを飲み過ぎるとどうなるのでしょう。

含まれる成分は「アルコール」「カフェイン」

栄養ドリンクは適切な量を摂取し、その効果を発揮します。飲み過ぎてしまうと、マイナスの効果しか発揮しません。
仕事で疲れいるからといって、たくさん飲めばいいとは限りません。含まれている成分ですが、「アルコール」「カフェイン」「糖分」です。
なのでもちろん飲み過ぎて過剰摂取してしまうと、「アルコール依存症」「カフェイン中毒」になってしまいます。
なので、栄養ドリンクを飲むときは、しっかりかかれている説明を読み、飲むのがいいと思います。

肝臓にもわるい

副作用もある

肝臓には摂取した栄養を分解し身体に行き渡らせる働きがあります。なので大量に栄養をとってしまうと、肝臓がずっと働き続けるので、肝臓が休まる暇がなく負担になってしまいます。
栄養が必要ないときに肝臓に栄養を送っても肝臓に無駄な働きが出来てしまいます。なので栄養ドリンクの取り過ぎは肝臓に悪いのです。
栄養ドリンクの取り過ぎでおこる副作用とは、成分であるタウリンの副作用でおこる、下痢や腹痛がおこることがあります。
他にビタミンB6による、手足の痺れや神経障害などもあります。

一番怖いのはカフェイン

カフェイン中毒の怖さ

毎日何本も飲んでいると、身体がカフェインに慣れてき、カフェインに対する耐性ができてしまい、効果を実感できないと思い取りすぎることもあります。
カフェインは短時間に過剰に摂取してしまうと、カフェイン中毒になってしまい、最悪死亡することもあります。

最後に

しっかりと頭に入れて、適切な利用が大切なのです。
・「アルコール依存症」「カフェイン中毒」に注意!
・肝臓への負担を減らす!
・適切な量を摂取!
栄養ドリンクに限らず、薬やコーヒーなどもいろいろな成分がふくまれていますよね?
なのでしっかり説明をよみ、適切な量を摂取することで、身体への負担をなくし、効果を感じながら仕事や運動などをやっていきたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする