眠っている記念切手が現金に変わる、損をしないとっておきの買取方法

どこで買い取ってもらうかはとても大切

少しでも高い方がいい

切手収集ブームが到来した頃の切手は希少価値が高くないと言われています。一般的には、昭和30年以降に発行された切手においては、切手収集がブームになったことによって流通量が多くなりました。

したがって、希少価値のあるものが少なくなってしまったわけです。ということで、そのようなものは額面以下でしか買い取ってもらえないということになります。

そういった、昭和30年以降に発行された切手は、買い取っても買い手がつきません。したがって買取価格は低く抑えられるのです。

その点、チケットショップや金券ショップは仕組みが異なります。切手をビジネスなどで使うために切手を安く買いたい顧客むけに販売するのです。

そのため、買取価格が高めになるのです。そういうわけで、昭和30年以降に発行された切手は、チケットショップや金券ショップで売る方がメリットがあるというわけです。

買取前に、総額をチェック



切手の総額面を調べておく

切手の売却を検討するなら、必ずやっておくことがあります。それは、売却する切手が、印字されている額面で総額いくらになるかということです。

実は、切手買取専門店などに持って行ったとき、その買取額が総額の半額程度になってしまったということはざらにあります。

そんな時、正直言ってあまりに損です。もし、総額面を知っていたら、そういう査定をされたときは断ればいいのです。

そのためには、面倒であったとしても、きちんと総額面を把握する必要があるわけです。

切手の保管状態に注意

不良品が混じっていたら損する

もし、売りに出す切手の保管状態がいまいちなら注意が必要です。破れていたり、欠けている切手は多くの店で買取不可になります。そういったものは、あらかじめ省いておきます。
消印があっても売れる切手は?
使用済みの切手なら買い取ってもらえなさそうですが、消印の日付や封筒ごとによって価値が出る場合もあるそうです。

これは、なかなか素人目では判断できません。しかし、何か価値がありそうだと感じたら一度持っていって相談するのも手です。

持って行きかたにも一工夫

仕分けしてから持って行く

まもし、一枚づつバラバラになっていた場合は、気をつけた方がいいでしょう。大量の切手をバラのまま持って行くと買取不可といわれるケースが多いそうです。

もし、仕分け不要といっている店であっても、それは仕分けの手数料が差し引かれる可能でしが高いのです。

そういうわけで、少しでも買取価格を上げるためには、事前に仕分けをしてから持っていった方が査定が有利になるというわけです。

新しい切手シートと交換して貰う

手数料を引いても得な場合も

査定額が低い場合、諦めるしかないのかと言うと、まだ方法は残っています。それが、郵便局に持って行って新しい切手シートと交換してもらうという方法です。

切手一枚につき5円の手数料を支払うことで新しい切手シートと交換してくれます。合計額が不足していても、足りない分を現金で支払えば可能です。

これを利用すれば、買取りの基準に満たない切手でも新しい切手シートにしてしまって、チケットショップや金券ショップで買い取ってもらうのです。

ただ、1枚毎に5円の手数料がかかります。それが、切手シートの売却額をに比べて損が出ないようにしなければ意味がありません。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする