ウコンのもっとも効果の高い摂取方法と、ウコンの種類による違い

ウコンとは?

ターメリックとウコンは同じ

ウコンという植物はインド原産のショウガ科の多年草の根の部分です。熱帯アジアでは広く栽培されていて、カレーに使う香辛料などに使われます。そのターメリックです。

ウコンが日本に渡来したのは、江戸中期頃だと言われています。根茎がウコンで香辛料や黄色の染料に使われてきたのです。

ウコンは今でも、カレー粉の香辛料やたくあん漬の着色などに利用されていて、結構身近な存在なんですね。

干した根茎が漢方では薑黄=きょうおうとよばれることになります。この薬は、鼻血、吐血の血止めなどに効き、皮膚病や膿腫の塗り薬、健胃、強壮にも使われます。

ウコンの効用は?



ウコンには種類がある

同じウコンにも春ウコンや秋ウコン、夏ウコンといった種類があるそうです。それぞれによって、効能も違うと言われています。

カレーの香辛料として有名なターメリックは、秋ウコンの茎を煮てから乾燥させて粉にして作るそうです。

実際のウコンサプリメントでは、秋ウコンだけでなく春ウコンも多く使われているといわれています。

クルクミンが多い秋ウコン

秋ウコンには、栄養成分であるクルクミンが多く含まれているので、ウコンの中でももっともサプリメントに使われます。

単にターメリックといえば、秋ウコンです。そして、春ウコンについては、ワイルドターメリックと呼ばれることがあります。

ミネラル豊富な春ウコン

春ウコンの特徴は、ミネラル分を豊富に含むことです。カルシウムも多く含まれますが、鉄分はが秋ウコンよりも少ないそうです。

クルクミンのはたらき

クルクミンは、優れた効能を持ちます。
・悪玉コレステロールの吸収を抑制
・コレステロールの蓄積を抑制
・動脈硬化を抑制
・消化改善

ウコンの上手な摂り方

ウコンに期待する効果

ウコンは健康にも美容にも多くの効果があるといわれています。しかし、飲み方にも工夫が必要なようです。

二日酔いを予防するためには、飲酒前に飲みます。ウコンドリンクも錠剤も、飲酒前でなければ、効果が少なくなります。

だいたい、お酒を飲む1時間ほど前に、飲んでおくほうがいいそうです。これは、胆汁が十分に分泌され、肝臓でアルコールを代謝する際にスムーズに肝臓が機能するからです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする