サンリオのマイメロディの魅力に引きつけられ理由

赤ずきん風のうさぎ



マイメロディの誕生

マイメロディが実際にキャラクターとして作られたのは1975年です。しかしマイメロディに年齢が設定されているわけではないので、歳は取らないわけです。

誕生日は1月18日ということになっているそうです。身長は、森の水玉きのこと同じぐらいということだそうです。

いちばんの好物がアーモンドパウンドケーキで、趣味はママと一緒にクッキーを焼くことというふうに、女の子らしさが強調されています。

19年連続ベスト5入り

これからの活躍が楽しみ

マイメロディの家族は祖父母・両親・リズムという名前の弟の6人家族だそうです。

1986年から、いちご新聞というサンリオの機関紙で行われている、サンリオキャラクター大賞があります。

そこで、2016年までで大賞獲得の最多はハローキティの合計14回です。それに続いてポチャッコの5回で、その次が、マイメロディとポムポムプリンの3回ずつとなっています。

マイメロディが大賞を取ったのは、TVアニメを放送していた2010年・2011年のことで、連覇を果たしているわけです。

さらに、2014年にもういちど1位を獲得し、1997年から2016年まで19年連続ベスト5入りを果たしたそうです。

マイメロディの活躍

活躍の場所が広がる

マイメロディが1975年に登場して以来、シンプルな可愛いデザインが支持されて、活躍の場はさらに広がっています。

たとえば、銀行のイメージキャラクターや、ペイントバスの運行や、映画化、TVアニメのヒットといった具合です。

さらに、サンリオピューロランド限定ユニットがつくられたときに、うさぎ仲間とバーニーズが結成されています。そして、「赤いスイートピー」のカバーをしました。

もっとすごいのは、アメリカやイタリアでは、サンリオ商品の売上No.1を記録しているそうです。

このように、世界中で老若男女を問わずに、マイメロディは愛され続けているわけです。

テレビでも人気に

ますます広がる人気

2005年は、マイメロディ誕生30周年だったので、それを記念して、TVアニメ、おねがいマイメロディが作成されました。

このストーリーでは、マイメロディが異世界であるマリーランドに住んでいたことになっています。

そして、マイメロディがマリーランドのいたずらコンビ、クロミとバクという2人の脱獄を手助けしたと誤解されます。

その結果、マイメロディは、償いとして人間たちの夢を守るよう言い渡されたということなのです。

マイメロディは、人間界で出会った夢野歌という少女とともに、クロミ達から人間たちを守ることになるわけです。

この作品は人気爆発、シリーズされて、なんと、2009年3月まで放送される人気作となったそうです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする