EPAの正体とはたらき、積極的に摂るために心がける食事とは?

不飽和脂肪酸が注目されるわけ



さまざまな効果が明らかに

健康のために積極的に摂りたい不飽和脂肪酸の仲間、DHAやEPAがすごく注目されているそうです。

しかし、なんとなく良さそうとは思っていても、はたして実際にその働きはどのようなものか、知らない人も多いと思います。

DHAやEPAの、どのような働きが役に立つのか、また、それを上手に取り入れるために、毎日のお食事やサプリメントなどにも目を向けていくのがいいようです。

EPAとは?

EPAの働き

EPAはエイコサペンタエン酸と言う、n-3系多価不飽和脂肪酸に属する脂肪酸だそうです。

日本ではEPAという呼び名が一般的ですが、国際的にはIPAという呼び方の方が多く使われているようです。じつは、IPAもEPAも同じものだということです。

日本食品標準成分表2015年版(七訂)ではイコサペンタエン酸=IPAの名でデータが載せられているそうです。

血栓ができるのを予防してくれる効果、コレステロール低下作用といった、多くの生活習慣病予防に役立つ効果が期待されています。

EPAの健康への効果

生活習慣病対策にぴったり

血栓予防

血栓ができるのを予防してくれるはたらきがあり、血小板の凝集を抑制する効果や血栓を溶解する作用、血管を拡張する効果も認められているそうです。

中性脂肪減少

血液中の中性脂肪を減らす効果があるといわれています。

コレステロール低下作用

コレステロール低下作用があり、血小板の凝集を抑制や、血栓の溶解など血液をサラサラにしてくれるといわれています。

血管拡張作用

血管を拡張させる作用があり、高血圧の予防や改善につながる働きになります。減塩やカリウム摂取と合わせて、EPAの摂取が望まれます。

アレルギー予防

アトピー性皮膚炎や花粉症、気管支ぜんそくといった、アレルギー症状の予防や治療への効果の研究も進められてるそうです。

EPAが多く含まれる魚

不飽和脂肪酸が健康にいい

動物性食品に含まれる脂肪酸は常温では固体になる、飽和脂肪酸といわれるものだそうです。

それに対して、EPAはn-3系多価不飽和脂肪酸というなかまに属していて、他の動物性脂肪とはちがうのです。

まず、EPAは魚に多く含まれ、低温環境下でも液状を保つ、不飽和脂肪酸が必要なのです。

したがって、陸上の肉類のもつ脂肪とは違う性質になっているわけです。

EPAの上手な摂り方

EPAは魚の脂肪に含まれる成分なので、白身魚よりも脂肪が多めの青魚からのほうが摂りやすいことになります。

ただ、n-3系多価不飽和脂肪酸の性質として、酸化されやすいというものがあり、これによって、酸化されてしまった油脂は逆に身体に悪影響を及ぼすようです。

そのことを避けるには、抗酸化作用があるビタミンAや、β-カロテン、ビタミンC、ビタミンEなどを含む食品とともに調理したほうがいいといわれています。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする