DHAの正体とはたらき、積極的に摂るために心がける食事とは?

青魚由来の体によいアブラ



期待される効果の実態は?

世間でも話題になりやすい、青魚由来のDHAですが、積極的に摂取したい脂肪酸だといわれています。

よく話題に上げられるDHAですが、実際は、「なんとなく良さそう」とは思っていても、実際にどんなものか十分理解しているようでしょうか。

DHAの、何が体にいいのか、それはどのような成分によるものなのか、体の中でどのようにはたらくのでしょうか。

どんなはたらきに期待されているのか、そしてそれをどのように毎日の食事から摂り入れたらいいのでしょうか。

DHAとは?

DHAはドコサヘキサエン酸

DHAはn-3系多価不飽和脂肪酸というグループに属する脂肪酸だそうです。まあ、普通の人にはどうでもいい話だと思います。

結局大事なことは、悪玉と言われるLDLコレステロールを減らして、善玉と言われるHDLコレステロールを増やしてくれる、とってもうれしい作用が期待できるそうです。

さらに、中性脂肪の合成を抑えてくれます。そして、脳や神経組織のはたらきにも関わるそうで、これも注目されています。

これは、脂肪酸の合成に関わる酵素の活性を低下させるためだそうです。これが脳血管疾患や虚血性心疾患、高血圧、動脈硬化といったことの予防につながるわけです。

もっとすごいのは、神経組織の発育や機能維持の効果があると言われていて、これが認知症の改善にもつながる可能性が指摘されているそうです。

DHAの健康効果とは?

健康診断の結果が気になる人に朗報

DHAは体内の脂質バランスを改善してくれます。先ほども説明したとおり、LDLコレステロールを減らしてHDLコレステロールを増やしてくれるのです。

そして中性脂肪の合成を抑えてくれることで、血中脂質のバランスが改善されるはずです。

健康診断で気になることと言えば、総コレステロールはもちろんのことですが、LDLコレステロールや中性脂肪が多いことだと思います

それに加えて、HDLコレステロールが低いことも問題になり、DHAによって、減らしたいものを抑えて、保ちたいものを増やしてくれることになるわけです。

いいことずくめのDHA

動脈硬化の予防が重要

血中脂質がバランスよくなると、動脈硬化は起こりにくくなるといわれています。そのおかげで、いくつかの病気の予防につながるそうです。

それは、動脈硬化が進行することがリスク因子になる、脳血管疾患や虚血性心疾患のことです。

また、DHAには血小板の凝集を抑制する効果もあるといわれていて、これが血栓が詰まることで起こる脳血管疾患や虚血性心疾患を予防します。

さらに、脳にはDHAが多く含まれているそうです。したがって、DHAを摂ることで神経伝達がスムーズになり、学習能力や記憶能力に加えて、認知症の予防にもつながるといわれています。

DHAを多く含む魚

なぜ、DHAは魚に含まれているのか

肉などの動物性食品に多く含まれる脂肪酸は常温では固体の状態です。こういった脂肪酸を飽和脂肪酸といいます。

それに対して、DHAは不飽和脂肪酸といわれていて、他の動物性脂肪とは性質も違うものといわれています。

DHAが魚に多く含まれるのは、魚が冷たい水の中にいて、低温環境下でも液状を保つ脂肪が必要なためだと考えられています。

したがって、陸上にいる動物の体の中にある脂肪とは違う性質をもつことになるわけです。

DHAを上手に摂り入れるために

DHAは魚の脂肪に含まれている成分です。したがって、あっさりとした白身の魚よりも脂肪が多めの魚に含まれています。

この油脂部分は高温加熱をすると肉の外へ出てしまうので、それも食べるために煮汁をそのまま食べることが大切なわけです。

ただ、このn-3系多価不飽和脂肪酸は、酸化されやすいので、抗酸化作用があるビタミンA、β-カロテン、ビタミンC、ビタミンEといったものを含む食品と一緒に食べることも大切です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする