便秘のつらさ、善玉菌で腸内環境改善で解決!

食べたときから始まる便通のはたらき



1日1回の便通がやはり理想

本来、便通は、毎日あるのが健康な状態だといえます。もし、3日以上便通がないとか、、せっかく出ても便が硬くて量が少なく、残便感があれば、便秘と呼ぶそうです。

この症状は、女性に多くて、排便の乱れの症状に加えて、腹痛、腹部膨満感、食欲不振といった症状が出てきます。

また、便秘が続くことによって、肌荒れや肩こりといった、全身症状につながることもよくあるそうです。

便が出るメカニズム

腸のはたらきと排便のしくみ

食べ物が、口から入ると、胃や小腸で消化されていきます。消化された食べ物は、水分を多く含んだドロドロの液状になります。

そのドロドロのものが大腸まで達すると、そこで少しずつ水分が吸収されていき、便塊化といういわゆる便の状態になり、最後は肛門へ送られるわけです。

もし、その便塊が何日も大腸内にあると、水分吸収がさらに進むことになり、便塊は硬く小さくなってしまうのです。

そういったすべての腸の動きは、自分の意志とは無関係で、自律神経によってコントロールされています。

そして、便を肛門から体外に送り出すために行われる、腸のぜん動運動そのものは、胃の中に食べ物が入ったことを受けて、脳から指令が出るといわれています。

そして、便が直腸に達すると、排便反射といって、大脳から便を体外に出すよう指令が出て、便意をもよおすことになるそうです。

もし、ストレスにさらされると、自律神経のはたらきが低下し、正常な腸のぜん動運動が阻害されるため、便が滞ってしまい、便秘につながることがあるそうです。

便秘の種類とは

どれもこれも便秘は辛いもの

便が出るまでの過程の途中で何らかのトラブルが起こってしまうと、便を肛門から体外に送り出すためのぜん動運動が上手く機能しなくなります。

そうして起こる便秘には、大きく3種類に分類することができるそうです。

弛緩性便秘

何かの原因により、腸のぜん動運動が弱くなってしまい、結腸から先へ便が送り出せなくなってしまうという便秘です。

けいれん性便秘

弛緩性便秘とは逆に、ぜん動運動が強くなり過ぎて腸がけいれんを起こしてしまって、便がうまく送れなくなることで起こる便秘です。

直腸性便秘

便は直腸までたどり着いているのですが、何らかの原因で便意が起こらないので、直腸に便が停滞してしまう便秘です。

さらに、器官としての腸に問題が起こっているために便秘になることがあり、これを器質性便秘といいます。

この便秘は、イレウス、大腸がん、腸管癒着といった器質的な原因によるもので、血便、激しい腹痛、嘔吐といった症状を伴うので危険です。

すぐに病院へ行き、治療を受ける必要があります。万が一、下剤を使用したりすると、腸管穿孔を起こすおそれがあるそうです。

便秘によって起こるさまざまな症状

便秘の副作用でおこるトラブルの数々

便秘によって固くなった便を無理に出そうとして、肛門が裂けて切れ痔になったり、さらに激しくいきむことを繰り返していぼ痔になったりします。

大腸がん

慢性的な便秘によって、大腸がんのリスクが増えると言われています。便秘によって腸内に増加した悪玉菌が発がん物質を作り出すわけです。

生活習慣病

便秘が続くことで腸内細菌のバランスが崩れ、脂質や糖の分解や吸収に影響が生じて、高脂血症や動脈硬化、糖尿病といった生活習慣病を引き起こすそうです。

肌トラブル

腸内環境の悪化によって、吹き出物やニキビといった肌荒れが起こりやすくなります。

冷え・むくみ・肩こり

便秘が慢性化すると、血行が悪くなり、冷えや肩こり、むくみ、さらには生理不順の原因にもなるといわれています。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする