絵本ラックが人気、手作りでおしゃれにするか、市販でカラフルにするか

絵本を見せるだけで暖かいし、子供が絵本好きに!

好きな絵本は大人でもいい

子供が成長すると当然増えていくのが絵本。

その収納に悩む方は多いと思います。というのは、絵本は大きさがバラバラなんで、整理しにくいのです。

要するに、棚にすると収まりが悪いので、子供もなおしやすい絵本ラックを使うのも一つの手です。

さらに、おもちゃも一緒に収納できたら、1つにまとめることができます。この絵本ラックのメリットは次のようなものが考えられます。

絵本ラックのメリット

・表紙が見えるので、子供が興味を持ちやすい
・高さが子供でも撮れるので本棚より使いやすい
・子供でも取り出しやすく、片付けも簡単にできる

というわけで、絵本ラックには、さまざまメリットが期待できるわけです。

サイズが重要

絵本ラックを選ぶとき、注意しなければならないのがサイズです。部屋のスペースとともに、絵本がきちんと入るかも気をつける必要があります。

材質にも気を使う

家具として見たときに、素材や質感は重要な判断材料です。一番人気がるのは天然木の木目が見える木製の絵本ラックです。

天然木は温かみがあるので、子供にも優しいと言えるでしょう。さらに、周りのインテリアともうまくマッチする可能性があります。

安全性も大切

絵本ラックは、子供が使うものなので、指を挟んだり、体重をかけて、倒れてしまうようでは問題です。

子供の目線にあって絵本を取り出しやすく、片付けもしやすいのが理想です。怪我を防ぐために、ぶつかっても怪我をしない角が丸く加工されているものを選びましょう。

また、倒れにくいものを選ばなければなりません。

おもちゃも入れたい

おもちゃの収納を考える場合は、下の方のオープンスペースの使い勝手を考えましょう。

手作りの絵本だなが簡単に作れる

絵本ラックなら、DIYで作りやすい

市販の本棚もいいけれど、オンリーワンの絵本棚を作るのも楽しいものです。

すのこで作る

DIY初心者でもうまく加工できるのが、すのこです。値段もそんなに高くならないし、気軽にチャレンジできます。すのこを背板にして、何枚かくっつけるだけで簡単に出来ます。

市販でも納得のスペックが安く手にできる

落ち着きのある、木目調絵本ラック

これは絵本とおもちゃをまとめて収納できる絵本ラックになります。しまった本の表紙が見えるので、子供も読みたい本がすぐに見つけられます。

下のスペースは、小物を箱に入れて置くのといいでしょう。見た目もすっきりします。温かみのある木目調デザインと、子供がぶつかっても怪我をしないように、角を丸く仕上げています。

北欧風デザインで、インテリアともマッチ

優しい木の質感と、ポップな色使い

リビングに置いてもオシャレに決まります。ある程度重量があるので、倒れたりしません。しかし、取っ手がついているので、違う場所へ移動したい時には便利です。

中段にはカラフルBOXが用意されています。赤や黄と違いがはっきり分かるので、子供も自分で分別して収納しやすくなっているんですね。