ダイエット向きの朝食の種類とメニュー、主食はパンとシリアルどっち

ダイエットに朝食は必要か

生活全体でダイエットを考える

体内時計って聞いたことありますか。

人間の体には、自然と24時間を感じて、それを基準に色々なホルモンが分泌されて、体を健康に保っているそうです。

その体内時計は、1日一回リセットされます。それは、朝です。そして、その作用を促すのが朝食だということだそうです。

この体内時計をうまく使って、ダイエットを進めることができます。そのためには、朝食をしっかり食べるのが重要なんです。

ただし、パンやおにぎりだけというのでは、体内時計のリセットには効果は低いと言われています。やはり、炭水化物、たんぱく質、脂質のバランスが重要なんですね。

朝食に欠かせないのが炭水化物です。ヨーグルトや果物だけといった朝食ではなく、必ず炭水化物を食べることが重要です。

代謝を引き上げる朝食

朝食を抜いた方が、ダイエットにいい、と思っている人もまだまだ多いようです。

しかし、朝食が果たす役割から考えると、これは逆です。

前の日の夕食から朝食までの時間は、栄養分が補充されない、体はエネルギー不足になります。これが大きな問題です。

朝にエネルギー補給をすると、自律神経のスイッチが入り、体温が上がります。

その結果、脳や身体は活動を開始できるわけです。

逆に朝食を抜いて昼食まで食べないとなると、自律神経はうまく動区ことができません。

すると、エネルギー代謝が落ちてしまい、身体の活動は低下します。これはやせにくい体を作っていることになり、ダイエットにとっては問題です。

ダイエット時の朝食の種類

ダイエット向きの「やせる朝食」

ダイエットをしている時でも朝食がとても大事だということはわかりましたね。

では、その朝食の中身はどうでしょう。

一番のオススメは、和食だと良く言われます。これは、体重をコントロールしやすいということです。

和食はさまざまな栄養素が入っているので、体にとってもいいわけです。さらに、発酵食品や果物、野菜をメニューに加えたらもっと良くなるということです。

ダイエットに向く朝食のメニュー

たっぷり野菜を食べる

野菜がどこまでもいい

食べたものは必ず腸までたどり着きます。そこで糖質や脂質の吸収が緩やかにならないと、吸収がよすぎて、ダイエットには問題です。

そのために、野菜の繊維が重要になると言われています。

パンを食べるときには、たくさんの量の野菜を食べたほうがいいでしょう。サラダよりも、温野菜の方が量が取れます。

太りやすい食材

ダイエット向きではない食材があります。

パン、ソーセージといった加工食品は脂質が多く、パンに至っては、腹持ちも良くないし、ジャムやバターを塗ることも多く、糖質や脂質が増えてしまいがちです。

朝食がもたらすメリット

朝食をとることで、腸内にやせ菌を増やすことができます。

食物繊維はやせ菌の餌になります。腸は朝になると吸収力が高くなるので、やせ菌を増やす食材をとれば、腸内環境が向上し、やせ菌が増えるのです。

排便を促す

まず、朝に起きてすぐに水を飲むと、腸のぜん動作用を促進することできます。

そして、朝食をとると、排便が促されて、便通がよくなります。これによって、太りにくい体になっていくということです。

ダイエットにあった食事の主食

どうしてもパンやシリアルが食べたい

朝食のパンは太りやすい

パン食にはいくつかの弱点があります。まず、油が多いことです。

主食がパンになると、どうしてもウィンナーやベーコンといった油っぽいおかずと組むことになりがちです。

さらにバターを塗ったり、糖質や脂質の摂取量が増えることになります。

パンは小麦粉からできているので、お米に比べると、早く消化されるので、空腹になりやすいといわれています。

また、パンの朝食が吸収されやすいことで、朝の腸にとってはとっても吸収しやすいことになります。

どうしても朝食にパンを食べたいけど、痩せたいという人はいくつかのことに留意する日強があります。

一つは、できるだけ糖質や脂質の少ないパンを選ぶことです。

バゲット、パリジャンやバタールにブール、エピといったフランスパンがオススメです。

もう一つは真っ白いパンを避けるということです。

精製されていない、ライ麦パンや全粒粉パンの方が、腹持ちも良く、栄養価が高胃と言われています。

シリアルも選び方次第

手早く食べられるので、シリアル朝食が人気です。季節限定なども登場し、商品も充実しています。

手軽に食べられて、食物繊維、ビタミン類、鉄分、カルシウムといった栄養素を補えます。白米や食パンに比べると血糖値の上昇が緩やかだそうです。

気をつけるべきは、ドライフルーツがたっぷり入ったグラノーラでしょう。

複数の穀物をくみ合わせて、シロップとオイルを加えて焼き上げたものですが、糖質も脂質も結構多いのです。

グラノーラを選ぶときは、脂質をカットしたや、糖質オフのものを選ぶことが大切です。