山茶花の花の種類、椿との違いを見ただけで見分けられる方法とは

山茶花と椿は違うもの

開花時期から異なる

近所の垣根に咲いている、赤い花は山茶花かな、椿かな、と考えたことありませんか。
実は、これは見ただけでしっかりと区別がつく代物なんです。

開花時期

まず、山茶花の開花時期は10月から12月頃。要するに、秋から冬にかけて咲きます。
それに対して、椿の花は12月から4月。冬から春にかけて咲区ので、開花時期がまず違いますね。

花の形

花の形もしっかりと違います。山茶花の花って開ききってしまうんです。しかし、椿は開ききることがありません。要するに半開きです。

雄しべのつき方

雄しべのつき方、形も違うので、これを知っておけば、まず見ただけで区別がつくはずです。椿の雄しべは筒状、山茶花は筒状になりません。

花の散り方

山茶花は、花びらがパラパラと1枚ずつ散っていきます。それに対して、椿の花はポロッと落ちるんですね。
このことから、昔から椿の花は縁起が悪い、なんて言われてしまっています。

花の香り

山茶花の花にはほんの少し香りがあります。

葉の大きさ

葉は、山茶花の方が小さく、椿の方が約2倍程大きいのでわかると思います。

葉の形

サザンカの葉はギザギザしています。楕円形です。ツバキはツルツルしています。若干細長いです。

庭木に向いた山茶花

種類が豊富な山茶花

山茶花は、園芸品種が豊富で、300種類以上あるといわれています。さらに、花色や花の咲き方もバリエーションに富んでいます。

山茶花の花言葉

勇気付けられる花言葉。

『困難に打ち克つ』『ひたむきさ』『理想の恋』

由来

寒さが強まる過酷な季節にも負けずに、しっかりと花を咲かせる姿

色別の花言葉も

謙譲で、あなたがもっとも美しい。

愛嬌であなたは私の愛を退ける。

ピンク

永遠の愛です。
赤い山茶花の花言葉である「謙譲」は、山茶花の花のどこか寂しげな花姿からきているといわれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする