猫カフェの仕事が人気、バイトや求人も急増、お店も増えているわけは

猫好きにはたまらない

好きだから楽しい

猫カフェ、行ってますか?
あれは、猫好きにはたまらんです。もう、癒し満載の、ベリハッピー空間ですね。
あんなところで働けたらどれだけ幸せだろう、というわけで、バイトしたいという人が後を絶たないんだそうです。
また、求人を出しても、猫好きのいい人がくるんで、それも困らない。なんか、猫が引き寄せる、幸せの場所のようです。
最近のカフェは、飲み物だけではお客は来ないようです。何か付加価値が必要なんですね。

猫の行動を見る楽しみ

できたら抱っこしたい

猫を見るだけならどこでも同じですが、抱っことなると、いろいろと違いがあるようです。
確かに、猫を抱っこすれば、ふにゃふにゃしてるし、体温はほんのりと高めで、かなりの確率で癒されることになるのです。
だから、抱っこしたい、というお客も後を絶たないわけです。
猫カフェによっては、たくさんの猫が気ままに遊んでるなかで、お客に甘えてきたものを抱っこできるところもあるのです。

マナーや注意

猫を見たり猫と触れ合える

猫カフェの経営者は、事前に登録が必要です。それは、第一種動物取扱業における「展示」という登録何ですね。
あくまでも展示であって、猫を働かせてはいけないのです。このルールのおかげで、猫カフェというまさに猫の楽園が実現したのです。
また、猫カフェに関する法律も決められました。
その内容は、2016年6月1日から施行された「動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令等」によって決められています。
午後8時~10時までの時間帯で1歳を超える成猫を展示する場合は、猫のストレスレベルを高めないため「1日の展示時間が12時間を超えない」、「休息できる設備に自由に移動できる」などの条件を満たさなければならない。

基本ルール

ストレスを与えない

さらに、猫カフェ独自のルールも決めているのが普通です。
店ごとに微妙な違いはあるんですが、だいたい共通しているようです。
・ペット同伴では入店してはいけません。
・お酒に酔った状態では入れません。
・猫アレルギーの人は必ず医師の維持を受けることが必要です。
・猫を無理やり抱っこしてはいけません。
・えさや飲み物は許可した物だけです。
・食事中の猫には触ってはいけません。
・特定の猫を独り占めすることはいけません。
・写真を取るときにフラッシュはダメです。
・寝ている猫は無理に起こしてはいけません。
・ケガさせられても、自己責任になります。
・猫を追いかけてはいけません。
・小学生の入店は事前確認が必要です。
・店内は禁煙です。

猫に好かれるコツ

ゆっくり付き合う

猫たちと仲良くなルためには、コツがあります。それは、基本的なもので、少なくとも嫌われることだけは避けられるでしょう。
・急な動きをしたり、上におおいかぶさる威圧的な動きを避けて、猫の目線になって接する
・無理に追い掛け回さないで、猫が安心できる距離を保つこと
・低い声や大きな声は猫が怖がるので、高めの声で優しく話しかけること
猫の立場に立てば当たり前のことばかりですが、猫の気持ちをどれだけ考えてあげられるかなんです。
猫カフェは、猫と触れ合いたいという、人間サイドの欲求があって産まれましたが、実際には、猫という生き物をどれだけ大切にできるかが重要なんです。
猫カフェに行くなら、絶対にマナーを守り、気持ちよく猫と触れ合いたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする