チケット転売は違法か、目的が高額転売でトラブルが続出、解決法は?

チケット転売でトラブル

ライブに行けない、チケットは

チケット転売が法的に規制されるようになりました。これは、ネットという媒体を使って、高額で転売できることになってしまっていたからです。
かつては、売れ残ったチケットはライブ会場などで、ダフ屋という業者が売り払う、ということがあったんですね。
今や、ネットがその世界をも変えてしまったわけです。

ダフ屋行為は違法だとわかるけど

今でも、ライブ会場に行くと、チケットを片手に歩き回る、ダフ屋は見かけます。それは、残念ながら、需要があるからなんですね。
ダフ屋は、最初から転売目的でチケットを買ったり、行けなくなって処分したい人から券を安価で仕入れて、ライブ直前に定価以上の金額で売し、利益を得るわけです。
まず、こういった公共の場所で営利目的の転売は、簡単に違法行為だとわかりますね。

転売目的の購入

チケット転売をなくす対策

最近は、高額転売対策として、入場の際に本人確認書類を厳しくチェックするということが当たり前になってきています。
さらに、購入の際に顔写真を提出して、顔写真で本人確認をするというチケットも出てきています。
ファンクラブを通じて購入したチケットの場合は、転売したことが発覚すれば、退会させられるという規定を決めているところも多く出てきているそうです。
いずれにせよ、転売が社会悪として問題になってきた背景には、高額でも手に入れたいという、求める人の存在があるのです。

合法的なチケット転売

高額転売でなければ可能

友人に譲る

ファン同士の交流などを通じて、チケットを譲るという場合、ほぼ定価同様に譲れば、営利目的出ないということになり、合法です。
ただ、絶対に罪になりたくなければ、チケットそのものの売買は元値で、手土産を渡すくらいにすべきです。

金券ショップ

金券ショップが一番安全です。ここでは、売る側も買う側も気軽に売買できますし、法的にも問題ありません。
金券ショップは、「古物営業法」という法律で営業しているので、きちんとした法律の下で営業しているわけです。
ただ、全てのチケットを買い取ってくれるとは限りません。また、定価よりも安い値段で買い取られることになるでしょう。

ウェブサイト

チケットキャンプやチケットストリートといったサービスが有名ですね。
チケットキャンプは問題が多く、結局サービスが終了しました。
チケットストリートも、入場規制などの問題にぶつかって、色々と工夫しているようです。
これからも、法的な規制はどんどん加わっていくと予想されます。なぜなら、世の中には、悪用することに長けた人が必ず存在するからです。

オークション

オークションサイトに出品すること自体は、違法にはなりませんが、一人で大量に購入して、出品すれば営利目的の転売とみられて、法に引っかかります。
また、販売者が転売を禁止しているチケットを出品すれば、入場を拒否されて、出品者の責任問題も出て来ることになります。

これからの流れ

顔認証システムなど

人気のあるコンサートでは、本人確認が行われているのが普通になってきています。
この本人確認も、チケットに記載された名前と入場者が持参した「身分証明書」を照合から、顔認証システムへとどんどん進化して行くでしょう。
このように、本人確認はこれからの流れになることは間違いないと考えられます。
チケットは、正しい購入方法で、気持ちよく観戦するということと、転売するにしても、法に則った形で行うことが一番なんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする