SIMフリーの意味、格安スマホの実態と今後のメリットデメリット

乗り換えが面倒

今のままでいいや

結局、そのままで続けている人が大半でしょうか。いくらメリットを言われても、きっとあるはずのデメリット。
後から、ああ、変えるんじゃなかったなんて言いたくないですからね。
確かに、格安スマホは今や、誰でも知っている言葉になっています。しかし、その実態はほとんど知らないのが実情かもしれません。
格安SIMとスマホをセットにすれば、月々の支払料金を極端に抑えられるんでしょうが、なぜか踏み切れない心理があるんですね。
でも、今使っているIphoneや使い慣れたアンドロイド端末を使うということも可能みたいだし、そろそろ検討始めてもいいかもしれないですよ。

安い理由とは

なぜ、格安なのか

まず、格安SIMというものが何か知らないといけません。
格安スマホというのは、この格安SIMと比較的安い端末を組み合わせたものなんですね。

SIMフリー端末

SIMはスマホに差し込む小さなICです。通信情報を埋め込んだものと考えたらいいでしょう。
大手のキャリアと呼ばれる、業者のスマホはSIMロックといってSIMが交換できない作りになっているんです。
しかし、最近はこれが解除された、SIMフリーの端末が出回るようになってきました。
そこで、格安SIM業者はこのSIMフリーの端末と、格安SIM、そして回線は大手キャリアに借りるわけです。
キャリアは高速通信を追求していくので、一昔前の設備は使用頻度が減るので、それを借り受けて、通信速度などを犠牲にして、安いデータ通信を提供しています。

気になるデメリット

メールアドレスの変更

最近は、メール機能をLINEで行なっている人が多いので、問題ないかもしれません。

サポート

これは、格安スマホ業者によるようです。
イオンモバイルならイオン各店で、TSUTAYAのTONEならTSUTAYAの店舗でサポートしてくれます。

通信速度

キャリアの余り回線を借りているので、遅くなる場合があります。ただ、最近は結構速くなったと言われています。

テザリング機能

テザリング機能が使えるかどうかは確認しておいたほうがいいでしょう。

乗り換え方法

解約月と違約金

プランやオプションによっては違約金を取られるようです。解約月なら一番いいのですが、2年縛りのために難しい人が多いんですね。
しかし、違約金以上に格安スマホの料金が安い場合も結構多いようです。先まで含めて計算してみるべきです。

乗り換えについて

キャリアによって異なる対応

ドコモの電波を使っている格安SIM

・楽天モバイル
・DMM mobile
・BIGLOBE

auの電波を使っている格安SIM

・UQ mobile(UQモバイル)
・mineo
・IIJmio”

乗り換えにくいソフトバンク

ソフトバンクは、SIMロックを解除できる機種が少ないので、新しいスマホに変えた法が得策かもしれないです。
端末セットなどを購入して、SIMフリーの格安スマホとSIMカードを同時に手に入れます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする