出産内祝いはいつまで、元々は出産の報告で相手に気を遣わせないこと

内祝いは出産報告

気を遣わせない範囲で

みなさん、内祝いってなんだと思っていますか。まあ普通は、出産祝いをもらって、それに対するお返しと考えますよね。
でも、元々の内祝いって、そうじゃないんです。

内祝いは幸せのお裾分け

元々は、出産の報告とごあいさつが目的なんだそうです。だから、出産祝いをもらっていなくても渡してもいいわけだとか。
要するに、出産の報告をするのが内祝いであって、お子さんのお披露目で、幸せのおすそ分け、というのが元々のお祝いなんですね。

大げさなものはNG。

相手に気を遣わせないような、赤飯やお菓子といった、すぐに食べてしまえる気楽なものがベストだということになります。
最近は、内祝いは2つに分かれてきました。
・一つはお礼の品物を送る方法。
・もう一つは、赤ちゃんをみんなに見てもらうお祝いの会を開く、といった方法です。
赤ちゃんを紹介して、来てくれた人に幸せを持って帰ってもらう、立派な内祝いです。

自分なりのルール

しきたりにとらわれない

内祝いそのものには、何の決まりもありません。
さらに、常識も時代によって変わるわけで、世間の取り様もいろいろです。
そんなわけですから、内祝いの対応も自分でルールを決めて、グループ分けをして、内容や方法を考えたらいいのです。
それが相手の方がどう受け取るかは、こちらの誠意次第で問題はないでしょう。

お返しはいつ頃

絶対基準はない

さて、一般的な、内祝いのパターンを考えて見ます。
出産祝いをもらいます。そして、お返しです。これには、絶対基準はないんですね。

時期

お宮参りを目安にしましょう。とりあえず、出産祝いをいただいた方全員にお返しをします。お宮参りが終わる、出産後30日ごろが目安でしょう。
送る時は、もれがないように、贈り先やスケジュールをまとめておきます。

金額

とりあえず、金額の判断もあったほうがいいでしょう。
たくさんいただいたのに、礼を欠くのも失礼ですから、基本として、いただいたお祝いの半額あたりを目処にすれば安心です。
これについては、世間的には、半返しが多いようですね。
ただ、これも、大雑把なもので、目上の方や高額の場合は、3分の1もありです。

品物

決めるときのポイントとしては、実用性です。
ただ、同じような定番商品でも、ブランドもセンスになります。
もし、好みがわからない人に対しては、カタログギフトがベスト。
また、タオルや寝具などの日用品や石けんといった消耗品はありふれていても、もらって無駄にならないものです。
スイーツなどの食品類も、喜んでもらえます。スイーツや紅茶など、食品類に名前を添えて贈るのもおしゃれでセンスの良さが光りますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする