皮下脂肪と内臓脂肪の見分け方を理解して、めざせ!ぽっこりお腹解消

女性らしさを作る皮下脂肪

皮下脂肪は減らしにくい

皮下脂肪は読んで字のごとく、皮膚の皮下組織につく脂肪のことです。この皮下脂肪は体の表面に近い所にあるので、皮膚をつまめばわかります。ここから、肥満度を確かめることができるのです。
皮下脂肪は分解されにくいので、内臓脂肪に比べると代謝が悪いのがふつうだと言われています。
さらに、女性は、女性ホルモンの作用で、男性に比べて皮下脂肪が付きやすい体の仕組みになっているそうです。
また、皮下脂肪の部分には、エネルギーとして使われなかった栄養が一時的に蓄えられることになります。

内臓脂肪は内臓まわり

男性がつきやすい

内臓脂肪は、血行のいい内臓のまわりにつきます。実は、つくのも早いのですが、分解されるのも早いのが特徴です。
男性は、すぐ取り出せるエネルギー源として皮下脂肪よりも内臓脂肪を蓄えやすい体の仕組みになっていると言われています。
もし、体脂肪率が同じなら、男性は女性よりも内臓脂肪が多いものです。実は、中年男性の大きなおなかも、内臓脂肪が付きやすいことと深い関係があるといわれています。

メタボの原因は内臓脂肪

生活習慣病との関わり

実は、内臓脂肪は体内で悪玉物質の量を増やすといわれているのです。糖尿病や脳梗塞、高血圧などの生活習慣病などの危険性が増得るというわけです。
先ほどの話から分かるように、男性の方が内臓脂肪が多くなります。このことから、女性に比べて生活習慣病にかかりやすくなるというのもわかりますね。
ただ、内臓脂肪は分解されやすいという性質があります。ということは、運動や食事制限によって比較的簡単に落とせるという特徴もあるのです。

肥満は体脂肪

減らすべきは体脂肪

肥満というのは体重が増えたことをいうのが普通です。おなかが出てくるのも、贅肉が増えてしまうのもその体重増加と無関係ということはないでしょう。
年齢とともに体重が増加するメカニズムというものがあります。それから考えれば、体重を落とすというよりも、体脂肪をいかに減らすか、を考える必要があるのです。
体脂肪が、年齢とともに増加するわけは、基礎代謝量という、呼吸や心臓の拍動など生命の維持活動のために最低限必要となる消費エネルギーが減少してしまうからだそうです。
この基礎代謝量のうち、もっとも大きな割合を占めるのが筋肉の活動なのです。肝臓などの内臓もかなり多いそうです。
年齢とともに、筋肉が減少してしまうと、基礎代謝も減少してしまいます。それに気づかずに、若い頃と同じように食事をすればどうなるか、わかりますね。カロリー過多で、それが体脂肪となって蓄積されます。
実は、若い頃と体重があまり変わらない人は、筋肉量が落ちてしまって、代わりに体脂肪が増えているのに、体重だけが同じということかもしれないのです。
さらに、食事を抜いたりの不規則な食生活を繰り返しをすると、体はエネルギーを脂肪分として蓄えようとする傾向があるそうです。

適度な運動

筋肉を増やす食事

生活習慣というのは、毎日の繰り返しです。思いついた日だけ頑張るというのでは効果は期待できないものです。

運動

この運動の目的は、体を鍛えるというよりも、筋肉に刺激を与えて、代謝を活発にするといういうことになります。
激しい運動よりも、一定量の適度な運動の方が効果があるといわれています。

食事

筋肉量を減らさないために必要なのは、アミノ酸だといわれています。アミノ酸はタンパク質を作りますから、タンパク質の豊富な食事を心がける必要があるわけです。
糖質や脂質は体脂肪や内臓脂肪の原料になってしまうので、意識して、減らすことも重要になります。
ただ、糖質や脂質も、体にとっては重要な栄養分なので、過激なダイエットで減らしすぎると、体にとって悪影響も出てくるといわれています。
バランスのとれた食事を続けることの重要性がわかっていただけると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする