初詣は行くなら何日から何日まで適当?特に宗教的じゃないという事実

遅くとも7日まで

もちろんスタートは元日から

初詣を定義するとすれば、こうなります。「年が明けて初めての参拝」。これが、初詣ということらしいです。
というのは、初詣を受ける神社の方でも、特にいつからいついまで、と言ったことは決めていないのが実情だというのです。
少し前までは、正月三が日、という暗黙の了解があったようです。しかし、時代と共に考え方が流動的になり、最近は、節分までの約1ヶ月間は初詣の時期として考えてもいいように言われています。
神社の年中行事としても、年初めのお参りという設定だけで、特に神事としては捉えていないわけです。

初詣は風習

一年の最初の行事

そういうわけで、初詣自体には、宗教的な意味合いは特になく、神事としての行いではないということになりそうです。
では、なぜ、これだけの大掛かりな行事になっていったのでしょうか。これは、明治以降の鉄道会社の宣伝が関係していると言われています。
もともと、神道は、本人が神様に向き合うことに意味があって、それぞれの人が自分の考え方で未¥向き合う、というものだそうです。
したがって、初詣というの考え方自体、人それぞれのものということになり、特にそうしなければいけないということはないわけです。
要するに、神社にお参りすることが自分にとって、いいものだととらえているのならば、正月だけにとどまらず、行くことそのものに重点を置くべきだということになるのです。

地域活性化のイベント

初詣のおかげ

現実には、初詣は正月三が日の、短期イベントです。しかし、これが地域によっては、重要な年中行事になっているようです。
さらに、鉄道会社によっては、その輸送によって得られる収益はかなりのものになっている、という場合もあります。
また、神社やお寺で店を出して、商売している人にとっては、初詣はとても大きな収入になっているはずです。

日本人ならではの初詣

時代とともに変わってきた

現在の初詣は、行くことに重きがおかれてしまっているところがあると思います。また、今の時代はそういうことで何ら問題がないというのも現実です。
もともと、お正月ということ自体、神道の儀式からきています。正月は各家庭で歳神様に鏡もちをお備えします。
そして、門松をたてて歳神様をお迎えし、おせち料理を作流ことで豊作や家内安全などを祈ってきたという歴史があります。
その、おせち料理を食べてから、歳神様のいる方角にある神社にお参りする、「恵方参り」という行事が昔からあり、これが初詣へと変化していったというわけです。
さらに、氏子である家長たちは、大晦日から元旦にかけて神社にこもりました。これは、豊作や家内安全を祈願する行事がそこで行われてきたのです。
それが、大晦日から元旦にかけてお参りする習慣へとつながっていったという風に言われています。
多くの人が大晦日から元旦にかけてお参りしますが、これを二年参りと言います。その時に聞こえる除夜の鐘というものは、もともと、仏教行事なんですね。
そんなわけで、初詣はまこと複雑な歴史と、いろいろな思惑が入り混じった一大イベントなんだと理解できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする