小学校の英語教育、必要ないという声も、本当に身につく英語の教え方

小学校で始まる英語教育

英語の授業、効果は?

さて、いよいよ小学校でも英語教育が当たり前、と言われる時代が来たようです。ここでは、もう、昔の常識は通じないのではないか、と考えるべきです。
というのは、子供たちは周りの環境が変わると、どんどん変わっていけるのです。そういったことを踏まえて、親も教師も、時代を見据える必要があると思います。
しかし、習い事感覚で英語学習を進めていくと、思った以上にうまく行かないということが起こってしまうのです。
それは、英語というものは使うことが大切なのであって、英語を使う機会がない状態で、学力向上に重点をおくと、失敗することになる可能性が高いのです。

もし、英語教室に行くなら

教室とオンラインの融合

子供のやる気は、大人の場合とはかなり違うことを心得るべきです。何か目標を持って頑張る、なんて子供に求めること自体間違っています。子供は楽しいかどうかで気分が変わります。
そう考えると、英語教室そのものは、楽しさを前面に打ち出しているので、子供は気分よく頑張ります。
大人はとてもあそこまでがんばれないでしょう。さらに、多くの子供の中で学ぶことで、英語を使う楽しみといったものにも触れることができます。

英語を使う機会を増やすオンライン英会話

英語教室での学習をさらに充実させるために、自宅でできるオンライン英会話はとても魅力的です。
これをうまく使えば、夕食が終わってすぐにレッスンして、それが終わったらすぐに寝る、という生活リズムになります。
さらに、マンツーマン学習では、先生は独り占めです。普通、グループレッスンでは自分がしゃべる時間はほんのわずかなのですが、マンツーマンでは先生と2人きり。密度が違います。

二つの環境が相互作用

英語が好きになる

教室のレッスンの良さは、講師の先生との直接対話です。これによって、どんどん英語に親しむことができます。
また、すぐに実践できるので英会話に自信がつきます。発音に至っては、もはやネイティブさながらも夢じゃありません。
教室では、季節ごと、節目節目のイベントがあって、子供の楽しみを倍増させています。これによって、楽しいから続けたいと思い、自然と英語が身につくというわけです。

オンラインの魅力

オンライン英会話は、インターネットとパソコンさえあればOKです。自宅と海外のつながりで、ネイティブとの個人的なつながりも生まれます。
こうなると、子供にしてみたら海外に友だちができたようなものです。それも、ほぼ毎日友達と話ができるという、素晴らしい環境が生まれるわけです。
そこでは、親の送迎の心配もありません。毎日の生活の中に英語レッスンが組み込まれるので、無理せず学習スタイルを作れるのです。
また、英語を口にする回数がマンツーマンによって劇的に増えます。これで当然英語が身につく可能性が増加するわけです。

始めるのは1歳から

これからの英語教育

英語教室の良さ、オンライン英会話の良さ、どちらも捨てがたいと思いませんか。中には、それぞれの良さを融合させた、ハイブリッド型のスクールというものも存在します。
小学校で英語教育が始まったからといって、果たしてどれくらい期待していいものか、疑問視する人も多いと聞きます。
英語の力を伸ばすチャンスはいくらでもあるのに、見過ごしてしまうことの方が怖いように思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする