七五三は前撮りがレンタル衣装、お参りはスーツで正装にすれば十分

今や前撮りが普通

衣装も写真スタジオでレンタル

子どもに何を着せるか、悩んでいたら、写真スタジオでレンタルすれば、いいんです。本当に、子どもの服装については気を遣う必要はありません。
そして、お参りの時は、幼稚園の入園式の服や発表会の時の服みたいな、そんなフォーマルな服で問題ないみたいです。
しかし、気になるのは親の服装何でしょうね。
ここではっきりさせましょう。写真スタジオの前撮りの服装は、レンタルして、和服もありですが、お参りに関しては、そこまでする必要もないというのが現実です。
男性なら、グレー系のスーツがあれば、それで十分です。
女性の場合も、神社へのお参りですから、派手なスーツは避けて、グレーかブラウン系のスーツがあればいいでしょう。和服を着る程でもないようです。

七五三の由来

定着したのは江戸時代

七五三の原型は、男の子が最初に袴を身につける「袴着」という儀式だそうです。
女の子の場合は、髪を伸ばし始める3歳頃を「髪置」というそうです。そして、7歳頃になると、大人用の帯をつける「帯解」ということです。
七五三が11月15日というのは、元は旧暦です。したがって、新暦にすると、日が変わるはずなんですが、なぜかそのままの日にちで行なっています。
また、この行事が3歳と5歳、7歳で行うようになったのは江戸時代からだそうです。ただ、この歳は数え年です。
そうなると、現在では2歳、4歳、6歳となってしまうんですが、それも、満年齢のままで七五三をしている、不思議ですね。
こうなると、厳密な部分よりも、行事そのものを楽しむ方がいいかもしれません。形式も昔と違って伝わっていますし、あくまでも、近世以降の行事です。
細かいことに縛られずに、おおらかに取り組んだ方がいいのかもしれないようです。

やらなかったら縁起が悪い?

それは宗教の悪い面

江戸時代になって11月15日に七五三が定着したというわけですが、それまでも、子どもの成長を祝った風習は地域によっていろいろとあったはずです。
それも、身分や地域によって、年齢も日にちもまちまちだったと考えられます。
そうなると、今の時代に、5歳でやらなかったから縁起が悪い、なんてことを考える方がおかしいと気がつくはずですね。
さらに、地域によって違いますが、男の子のお祝いを7歳でする、という所もあるくらいです。
迷信のような、何歳にお参りしないと縁起が悪い、といった考え方があること自体が疑問かもしれないです。
あくまでも、成長の節目をお祝いする行事の一つとして捉えてほしいものです。

子どもの成長の節目

服装は自由に

実は、昔は子どもが小さい時期になくなることが多かったそうです。そこで、無事育つということが嬉しく、お祝いという考えは普通に強かったと考えられます。
そうなると、きれいな晴れ着を着せるということにも、こだわる必要がないことがわかります。
中には、華やかな着物を着た女の子や、羽織袴姿の男の子もいて、結構目立ちますが、そこには、そうでないといけないという、固定概念があって、それが幅をきかせているのかもしれません。
確かに、七五三のように昇殿して祈祷となると、正式な参拝で正装となるわけですが、それが和服と決められているわけではありません。
実際、神社の方のおっしゃるにも、和洋、いずれでも、正装であればよし、ということだそうです。
ただ、正装の場合のスーツやドレス、ワンピースの色や種類などがあまり派手でその場にそぐわないことも困るので、ある程度決まりがあるそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする