お歳暮の意義、送る気持ちも大切だけど、いらないときの断りと返品も

お歳暮の由来とは?

先祖供養から転じたもの

お歳暮にはそれなりの意義があります。
歴史的に見れば、新年に先祖供養の品を贈る習わしが起源だとか。
この「お歳暮」という言葉は、年の暮れや年末という意味です。
お世話になった人に、年の暮れに品物を持って回ったことが「歳暮まわり」と呼ばれたそうです。
そのうち、品そのものが「お歳暮」と呼ばれるようになったというわけです。

贈る時期

西日本と東日本の違い

一般的な時期としては、12月10日くらいから20日までというのがあったようですが、これは、全国的な平均という感じだそうです。
地域別にみると、東日本で11月下旬~12月20日前後に、西日本では12月13日~20日前後になって流ということです。
ここで、東日本と西日本で時期が約半月ずれているのは、新暦と旧暦の違いがあったからだということらしいです。

お歳暮のお返し

お返しはしなくてもマナー違反にはならない

さて、お歳暮をもらったら、お返しをする必要があるかどうか、気にな流でしょう。
ところが、お中元やお歳暮のマナーとしては、お返しをする必要はないというのが一般的なようです。
ただ、お歳暮へのお礼の手紙や、電話でお礼を伝えるのがマナーだと言われていますね。最近はメールでお礼を言うのが普通になりつつあります。

お歳暮を断りたい

いつまでも続く贈り物が止めにくい

お歳暮は基本お付き合いのある人から贈られてくるので、断りにくいのです。
しかしお断りしたい場合もあるでしょう。
また、最近は会社でも、お歳暮を一切受け取らないことが規則になっていたりします。
さらに、受け取る立場からも、結構です、と言いづらい時があります。
そのうち、お歳暮を受け取ることが負担に感じたりすることもあるのです。
お歳暮というのは、一度始めるとなかなかやめるキッカケがないものなんです。ひょっとしたら、お互いにやめたほうがいい、と思っているかもしれないのです。
こんな時は、思い切って、辞退する意思表示をするのがお互いにとっていいのかもしれません。

返品という手も

断り状と一緒に返送する

もし、立場上受け取れないのに贈られてきた時や、お断りをいれたにも関わらず、歳暮が届いたと言った時は、返送したほうがいいでしょう。
包装は開けずに包み紙の上からさらに包装を重ねます。そして、お断りの文面を添えて返送すればいいでしょう。
品物だけを返送するのは失礼にあたります。やはりこれは誠意を持って、お断りの手紙がベストです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする