忠臣蔵は赤穂浪士の討ち入りを元に、仇討ちの物語を作り上げた創作劇

見事な色づけ

庶民受けを意識して美化

いつも年末になると、忠臣蔵のドラマがテレビに紹介されたりしますね。
12月14日は赤穂浪士の討ち入りの日です。
しかし、これは、旧暦の日付です。従って、新暦にすると1月31日ごろだと言われています。
さて、この忠臣蔵ですが、実は、江戸時代の作家、近松門左衛門が書いた『仮名手本忠臣蔵』という戯曲の物語が広まったものです。
これが、赤穂浪士の討ち入り事件として評判になったのです。
実は、この赤穂浪士の討ち入り事件については、公の文書はまったく残っていないということです。
要するに、実際の所はわからないことだらけなんです。

松の廊下の事件の理由は謎

事実だけが残る殺人未遂事件

さて、討ち入りの相手となった、吉良上野介義央はどういう人だったのでしょう。
彼は、当時、幕府と朝廷の儀式作法を教える高家という家柄だったのです。
大名もきちんと作法を教えてもらうために贈り物が必要だったようで、それなりに高額の礼金を用意することになったのです。
ただ、こういったことについては、物語の上ではあまりにも脚色された部分が多いので、果たして事実だったのかは疑問だそうです。
とにかく、物語では、赤穂藩の大名である浅野内匠頭長矩が吉良上野介から意図的に嫌がらせを受けたということになっています。
それも、ストーリー性を重視して、誇張されていると想像できるのです。
一大名が嫌がらせに対する鬱憤から刃傷沙汰を起こすというのは、一般受けしますが、現実的ではないのですね。
この場面はまさに物語としての演出がほとんどだと言えますし、事実とはかけ離れているとしか言いようがないのだそうです。

処分は妥当

幕府の対応には反応しない

あくまでも物語は一般受けを狙ったものです。
さらに、上演する上で困らないように、幕府に対しての意見は皆無です。
現実に、幕府も浅野家を許すわけにはいかないわけで、事件としての重みは間違いなかったのでしょう。
結局、浅野家は取り潰されます。
その成り行きに対して、浪士に残ったのは、吉良上野介に対する恨みだけです。
やむにやまれず刃傷沙汰に至った原因は全て彼だという図式にしたわけです。

ドラマとしての過剰演出

現実は当然の結果

時tは、赤穂浪士らが吉良邸に討ち入ったのは午前4時頃となっています。
さらに、雪は降っておらず、積雪を月光が照らしていたと考えられます。
討ち入りの服装も、芝居では演出されたものです。
実際は黒の小袖を着ていました。袖ふちには白いさらし布をつけ、右袖のさらし布に墨で姓名が書かれていたということです。
これは、討死した時の目印にするためだったそうです。
討ち入りは表門と裏門の二隊に別れて突入しました。
戦闘は午前4時から2時間あまりかけ、隠れていた吉良上野介の首を挙げて決着します。
史実の赤穂浪士も、武士としての振る舞いは見事だったと言われています。
本懐を遂げた後の行動も整然としたものだったと言われています。
最終的には、成功しても死罪は免れないことは承知の上だったわけです。
それでも実行するという武士の心情に、多くの人々が支持する理由が隠されているのでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする