年賀状に書く「えと」干支と十二支の違いがわからない、本当の意味

年賀状に書く今年のえとの意味

干支(えと)と十二支(じゅうにし)は違う

普通の言い方ですが、今年のえとは~だから、と言いますね。
実は、この使い方は、厳密に言うと間違いなんです。
正しい言い方をすれば、今年の、「十二支は、~年です」となるそうです。
そして、いわゆる、干支(えと)を語るとすれば、十干(じっかん)を付け加えないといけないということなんです。
ただ、最近では、年賀状の時くらいしか使っていないので、何の問題にもなっていないというわけです。

干支を正確に書くと

還暦、という言葉の意味

十二支とは

十二支は、古代中国から日本に伝わってきた古代思想のひとつだそうです。
これは、12の動物のことを指します。
・子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・ 午(うま)・未(ひつじ)・ 申(さる)・酉(とり)・ 戌(いぬ)・ 亥(い)

十二支の起源

この十二支は、十二年で一周する木星の軌道上の位置(天の位置)を示すための数詞でした。
昔、中国に王充と人物がいました。そして、彼は、この数を民衆にわからせるために、覚えやすくて馴染みやすい動物に置き換えました。
その時、成り立ちを物語として書いたということです。内容は12の動物たちのレースというお話になっていたんだとか。

時刻や方角にも

現代では、十二支は年賀状を書く時くらいしか使うことはありません。しかし、年だけではなく、月や日にも、さらには、時間にも使われていたんです。
例としては、うなぎで有名な「土用の丑の日」、草木も眠る、丑三つ時、といった風なものが有名です。

十干とは

十二支と同様、十干も古代中国から日本に伝わったものです。
十干には、次の10個です。
・ 甲(きのえ)・ 乙(きのと)・ 丙(ひのえ)・丁(ひのと)・ 戊(つちのえ)・ 己(つちのと)・ 庚(かのえ)・ 辛(かのと)・ 壬(みずのえ)・ 癸(みずのと)
二つずつのセットになっていて、きのえは兄(え)、きのとは 弟(と)の関係です。

陰陽の思想が反映

ここには、兄=陽、弟=陰として、陰陽の思想が反映しています。
この陰陽思想というのは、 万物は、陰と陽に分類されるというものだそうです。
末尾が「兄(え)」で終わるものが「陽」です。末尾が「弟(と)」で終わるものが「陰」となって、「えと」と呼ぶわけです。

年の呼び方

干支は、十干 と 十二支の組み合わせ

さて、干支(えと)という字の由来は何でしょう。
これは、十干(じっかん)10個と十二支(じゅうにし)12個を2つずつ順に、組みあわせるのです。
1. 甲子
2. 乙丑
3. 丙寅
となり、これを順に並べていくと60個あります。
そして、60回目に 十干・十二支の組み合わせが一周回って最後に「 癸亥 」がきます。
これが還暦です。
暦が一周回りました、という意味ですね。
十二支も、12年ごとに違う十干との組みあわせになります。

えとの呼び名が二つ

ここで分かったと思いますが、「えと」という読み方は「兄弟」から来ているのですが、干支の構成要素である十干も十二支もいつのまにか「えと」と呼ぶようになったというわけなんです。
その後、両方合わせた干支も「えと」と呼ぶようになって、いつの間にか、干支=「えと」という読みが普通になったというわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする