ランドセルの人気色が変化している、日本の小学校で定着したわけとは

小学校のランドセル

日本独自の通学文化

なぜ日本ではこれほどまでにランドセルが普及したのでしょうか。

また、ランドセルは6年間見事に使い続けられています。多分ほとんどの子が、一つのランドセルで6年間通い続けているのではないでしょうか。
このように、小学校の通学かばんにランドセルが使われているというのは実は、日本特有なんです。
海外の小学校では、子どもは普通のリュックサックやショルダーバッグに荷物を入れて通学しているようです。
では、なぜ日本にランドセルが根付いたのでしょうか。
リュックサックとランドセルの違いを見てみたらそれが見えてきます。
実は、日本でも小学校がランドセルでなければダメ、というふうに強制しているわけではないのが本当の話だそうです。
両手が使えればどんなカバンでもいいよ、という感じだとか。
それでも、ランドセルは完全に主流なんですね。それには、そうなる理由が必ずあるはずです。
小学校で、ランドセルに勝る通学カバンはないのか。それは、日本独特の学校の仕組みとマッチしたというのが答えのようです。

特殊な形状

子どもの体の成長を配慮

活動量の違い

大人と子供の大きな違いがあります。それは、大人は、カバンを持って走ったり転んだりすることはまずないはずです。
しかし、小学生は違います。ひたすら動きまわり、そして、たまに転んだり、時にはカバンを放り投げたりするのです。

環境変化に対応

雨に降られた時、ランドセルなら中の教科書は濡れないように設計されています。布製ではありえません。これで、傘がうまくさせない小さな子でも大丈夫なんです。

教科書を守る

毎日の授業に合わせて教科書を入れて出しやすいように作られています。教科書が型くずれしてしまうこともありません。

安全対策

実は、ランドセルは転倒時に頭や体を守ってくれるのです。丈夫なランドセルには厚みがあるので、耐久性にも優れ、背中から落ちたときには衝撃を吸収し、頭がぶつかるのを防いでくれるのです。

体に負担が少ない

ランドセルは研究が重ねられ、体に負担がかかりにくい構造になっているのです。背負いベルトにも工夫が施されているので、子供が2キロ~3キロの教科書を入れても重さを感じにくいそうです。
このように、ランドセルは耐久性や、機能性、さらに安全性を兼ね備えた万能な作りになっていて、活発な小学生にぴったりだといわれています。

軽いリュックが選ばれないわけ

6年間使える優れもの

小学校では毎日、教科書、ノート、筆箱といった特殊な形状のものを、重さにして1~2kgもの荷物を、6年間持ち運美続けるのです。
その特殊な活動にあったものだからこそ、ランドセルが好まれているとも言えるのではないでしょうか。
ランドセルでは肩ベルトと背面のクッションを身体にぴたっとフィットさせます。この構造によって、小学生の体に対する負担が減るのです。
ランドセルでは、荷物の重心は常に腰よりも高い位置にあり、力が真下方向に働くように設計されているということです。
こういうことから、教科書などを詰め込んだときでも、体に感じる重さは軽くなるということだそうです。

性能が向上し続けるランドセル

市場は激戦地

今までの話でお分かりだと思いますが、ランドセルは、人間工学に基づいているのです。
そして、子どもの成長のことを徹底して考えて製品をつくっています。
ただ、そういうなかでも、今までのランドセルと少し違ったものも出てきており、素材を軽いナイロン製にしたものや、ナップサックと兼用にしたものなども出てきていて、実際それを採用したところもあるそうです。
ランドセルそのものも、新しいデザインの製品が開発されていますし、素材も革から人工皮革まであり、色の変化も目をみはるものがあります。
このランドセルの色はかつては男の子は黒、女の子は赤と決まっていたのが嘘のようです。
そんなこんなで、子どもが使いやすいように工夫された製品が続々と登場しているのがランドセル市場です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする