ピロリ菌の除菌で胃がんのリスクが減少、現状と保険適用のしくみとは

胃がんの原因は?

ピロリ菌が主役に

実は、60歳以上の人の半数以上がピロリ菌を持っているということです。
しかし、ピロリ菌を持っているだけで、すぐにがんになるというものではないんですね。ただ、ピロリ菌があるだけで、多くの場合、胃にさまざまな影響が現れてきます。
かつては、胃炎や胃潰瘍はストレスや胃酸が原因とみられていました。
しかし、1983年にピロリ菌が発見されました。それによって、胃炎や胃潰瘍の原因、さらに胃がんまでもがピロリ菌の仕業だとわかってきたのです。
そのメカニズムは次のようなものです。

胃潰瘍になるメカニズム

・ピロリ菌から毒素が発生する。
・胃に慢性的な炎症が生じる。
・胃粘膜がダメージを受ける。
・ダメージを受けた粘膜が胃酸によって傷つく。
潰瘍ができると、その約1割の人は胃がんにかかりやすくなっている、といわれているのです。

ピロリ菌とは

胃酸の元でも生きていける

ピロリ菌の正式名称は、ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)です。
この菌は人間の胃粘膜に感染して、強烈な胃酸の中でも生きていけるタフな菌なんです。
日本人の60歳以上の人では2人に1人がピロリ菌に感染していると見られています。
感染の原因ははっきりしていないということです。多いと予想されるのは、口からの経口感染や、糞便から口へと移る糞口感染です。
また、ピロリ菌に感染している人が小さいお子さんへ口移しで食べさせると、子供に感染しますし、不衛生な環境での飲食やペットを通じての感染もあると言われています。
これは、小さい子供ほど免疫力が低いので感染しやすいというわけです。なお、大人になってから感染することはあまりないとも言われています。
というわけで、最近は、感染者も減少傾向だということです。ただ、一度感染すると菌は普通、一生住み続ける事になります。

ピロリ菌の種類

毒素が多い東アジアの菌

実は、ピロリ菌にもいくつかの菌種があり、日本で主に感染する東アジア株と呼ばれるものは欧米のピロリ菌よりも毒素の産生量が多いと言われています。
そうなると、東アジア株のピロリ菌は胃がんを発症させる力がとても強い菌だということです。
そうなると、ヨーロッパでのピロリ菌関連のデータは、菌種が異なるのであまり参考にならない部分もあるというわけです。
日本や朝鮮半島、中国やシベリアの東部などは、東アジア株のピロリ菌に多く感染しているので、除菌による胃がん予防も効果が期待できるということなのです。

保険の適用条件

誰でもいいわけではない

一応、ピロリ菌の感染検査や除菌治療は保険適用の対象になっています。ただし、保険診療が適用されるのは、いくつか条件があります。

慢性胃炎

まず、内視鏡検査を受けます。その段階で早期胃がんやピロリ菌が原因の慢性胃炎がみつかったときは
保険での除菌ができます。

治療経験

また、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療中か治療経験があった場合です。また、胃MALTリンパ腫や特発性血小板減少性紫斑病などに罹患していた場合は、保険で除菌治療ができるのです。
これに当てはまらない人がピロリ菌検査を受けると、全額自己負担の自由診療になりますから、医者とよく相談したほうがいいでしょう。

ピロリ菌検査

医者の指示をよく聞くこと

一次除菌

これは、2種類の抗菌薬と胃酸の分泌を抑える薬を合わせた3種類の薬を飲みます。1日朝晩2回、7日間きっちり服用する必要があります。
そして、約6週から約8週後に行う検査で除菌が成功したかどうかがわかります。もし、うまくいかずに失敗した場合には二次除菌を行う事になります。

二次除菌

今度は、抗菌薬を変更します。薬の使い方、検査などは一時除菌と同じだそうです。

三次除菌

さらに、二次除菌でも除菌できなかったときに選択する診療ですが、これについては保険適用外となります。
もし、2回の除菌治療でもうまくいかなかった場合は、体内のピロリ菌が耐性を持っている可能性が疑われます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする