節分に福茶をいただくわけ、恵方巻きや節分そばの由来、風習とは?

節分は季節の変わり目

昔から守り続けてきた行事

節分といえば、鬼は外福は内の、節分豆が一番有名でしょうか。
スーパーでも鬼の面と豆をセットにしたもの、売っています。これで、子供達と節分行事をする家庭って多いでしょう。
それと、豆以外にも、節分にちなんだ食べ物が出回っているのをご存知ですか。
一番有名なのは、巻き寿司で「恵方巻き」と呼ばれているものですね。
いつからか、恵方巻きがスーパーで大売り出しの対象になってきたようです。
また、コンビニなどでも予約を受け付けているくらいですね。
他にも、イワシやそばが節分の料理として伝えられているようです。
そして、忘れてはならない、今後も大切にしたい風習が福茶です。

福を呼び込む福茶

もっとも厳かな風習

節分が大切にされてきたのは、各季節の持つ意味に由来があります。
節分というのは、各季節が始まる日、立春、立夏、立秋、立冬の前日です。要するに、季節分けて、何かが起こるから、それをなんとかするために、節分が催されるわけです。
正月で言えば、大晦日に当たるのが節分ということになります。
そして、節分は一年に4回あるのが元の暦なんですね。
その中でも、江戸時代以降は立春をもっとも大切にしました。それは、一年の始まりの意味もあるからなんです。
そしてその立春の朝、最初に汲んだ水でいれる、とても縁起のいいお茶を福茶と呼ぶようになったのです。
さらに、節分で撒いた豆をお茶に入れるのが慣わしとなっていることが多いようです。

旧正月と立春

どちらも春を迎えるお祝い

さて、立春は24節気の一つ、節分はその前日です。
では、旧正月はいつでしょうか。太陰暦である旧暦ではこのようになっています。
・冬至の日から2回目の新月が上がる日
昔はカレンダーがなかったので、冬至の日から、2回目の新月の日、と決めていたわけで、これなら、誰でもわかりますね。

恵方巻きとは

関西からはじまった

関西発祥で、今では関東にも広がっています。これを食べる理由が、どうもはっきりしないのです。諸説ありますが、どれもあやしいものです。
方法としては、ラッキーな方角である、「その年の恵方」を向いて、巻き寿司を食べ切るまでしゃべらない、などという、こじつけめいた食べ方は果たして?という程度ですね。
この恵方巻は、節分に食べる海苔巻ですが、だまって1本を食べきるという、不思議なイベントがなぜか広まったのはまさに、節分の不思議かもしれません。

節分そば

昔の年越しそば

そばには年越しそばのイメージがつきものです。そのそばを2月の節分で食べるのにも意味があります。
それは、立春を一年の恥ありとしてお祝いする習慣とその前日の節分、いわゆる年越しそばだったというわけです。
その風習が今も残っていると考えられるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする