冬のセール、いつからいつまでか、人気のブランドが驚きの割安に!

冬が来ればバーゲンセール!

驚きの割安で買える

冬になると、ショップで始まるセール、もう今や冬の風物詩ですね。
アウトレットモールなどは、お店が一斉にセールをするので、お客もどっと押し寄せます。
お客も楽しみだけど、ショップとしても、力を入れているところなのです。
夏にもセールをする場合が多いようです。ショップによっては、秋バーゲン、といったものを行うこともします。
でも、結局、昔ながらの冬物バーゲンの方がお得感が満載なので、お客もそれを待ち望んでいるのが事実です。
さらに、セールとなると、早く買わないとなくなる、というあの、追われる感じが好きな人結構多いみたいです。
12月はまだクリスマスセールなのに、もうすでに冬物バーゲンセールか、と見紛うくらい、セールっぽい雰囲気になってしまっていたりします。
そうなると、今までの冬物バーゲンセールはどうなるのか、と不安になったりします。

最近の流れは正月明け

いつやっても売れる

デパートなどの大手ではお正月の初売りからして、もうバーゲン商戦の始まりだと言えそうです。
ただし、気をつけなければならないのは、ブランドによって開始日が違うということなのです。
同じデパート内にあるのに、ある店は12月から値段を下げ、セレクトショップに至っては、それぞれ違う日からやったりするのです。

何段階も組み合わせるセール

タイミングが大切

ショップは12月はボーナス商戦、次はクリスマスセール、さらに福袋セール、冬物バーゲン、最後にファイナルセールと波のようにセールを組み込んでいきます。
2月にもなれば、もうすでに終わっているという店も多く、ファイナルセールまで待っていると、もういいものは残っていないでしょう。

春物が見え始めたら終わり

ファイナルセールは捨て値も

実は、2月にもなると、店内の商品の半分は春物になっているのが現実なんですね。
したがって、ファイナルセールは、それまでのセールの残り物で、価格も捨て値という可能性が高いのです。
要するに、ショップの方は少しでも値引率の低いうちに売ってしまいたかったのに、売れなかったので、ファイナルセールな訳ですね。
逆に、売れそうな人気商品の方は、もう12月の段階からディスプレイなどに展示して、アピールして売り切ってしまおうという作戦です。
だから、そういう商品はセール開始早々には売り切れてしまうわけです。買う方としては、安く買うか、いいものを買うか、の悩みに気をもむことになるわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする