引っ越し祝い、兄弟や友人の相場、お返しにはカタログギフトが人気

まずは引っ越し祝い

相手との関係を考えて

引っ越し祝い、どうしようかなって、迷ってしまうことってありますね。

仲良くしてきた友人が新たな住居を購入したとき、引っ越し祝いは心を込めて贈りたいものです。

しかし、そんなことに出会う機会も少ないためか、贈るタイミングや、どの程度のものがいいのか、また、贈る品物は何がいいのか、なかなか難しいものです。

感謝の気持ちが伝わるようにすることや、マナーを守ることで、相手に喜んでもらえたら嬉しいものです。

もし、相手が遠方に引っ越してしまった場合でも、引っ越し祝いを贈ることで、連絡が取れるということもあります。

引っ越し祝いの相場は?

まずは現金か品物

現金

引っ越し祝いとして現金を贈るとした場合、相手との関係によって金額の相場が変わります。

最近の相場は、友人や会社の同僚・上司なら5,000円~10,000円です。

高価すぎると、相手が受け取りづらくなってしまいますから注意が必要です。

相手が兄弟姉妹や親戚だとしたら30,000円~100,000円程度が一般的出そうです。

現金と同じように使えて、相手も受け取りやすいのが商品券やカタログギフトになります。

商品

引っ越し祝いとして商品を贈るとしたら、すぐに使える、実用的なアイテムが好まれます。

もし、相手が望まないものだと、引っ越したばかりの家で不要品になってしまうので、相手を困らせるだけです。

インテリアグッズも、デザインの好みがあり、場合によっては、不適切な贈り物になります。

実用的なアイテムのほうが、デザイン抜きで気に入ってもらえるかもしれません。

引っ越し祝いを贈るタイミング

相手の立場に立って

贈る手続きは、引っ越しの前後1ヶ月以内には済ませておいたほうがいいでしょう。

持参するか配送するかですが、お披露目パーティがあれば、持参したほうがいいでしょうし、遊びに行くときも同様です。

メッセージを添えて配送して、「何日に届くよう手配しました」とメールすれば、相手の方も助かるでしょう。

引っ越し祝いをもらったら

お返しは気軽な食べ物がベター

お祝いをもらうと、お返しのことが気になります。これは、日本の風習なので、気になって当然です。

これについては、別に返さなくても、そんなに問題はありません。

引っ越したばかりで、大変だろうと、誰もが相手のことを気遣いますから、無理をして、お返しをしなくても不快感をもたらすことはありません。

返すとしても、相手が気を使う必要のない、気軽なものがベターです。

これは、やはりお菓子やデザートの類いでしょう。

もらっても、かさばらず、すぐに消費できるのがいいのです。